シミを隠すメイクの方法 | 奇跡の化粧品が上陸!憎き乾燥肌も思い通りに改善

奇跡の化粧品が上陸!憎き乾燥肌も思い通りに改善

化粧をする女性

シミを隠すメイクの方法

注意したいこと

メイク

コンシーラーは、シミ隠しには欠かせないものですが、注意して使用しないと逆効果になる場合があります。まず挙げられる注意点は、「コンシーラーとファンデーションの色のバランス」に気をつけるということです。色のバランスが変だと、かえって目立ってしまうことがあるからです。次の注意点は、「塗り過ぎないようにする」ということです。塗りすぎてしまうと、シミ隠しをした部分に変な厚みが出てしまい不自然になってしまいます。そしてコンシーラーは「肌への負担が大きい」ため、使用後はクレンジングで十分に落とすことが重要です。また、ペンシルタイプのコンシーラーを使うときは、肌へのダメージを避けるため、あまり強くこすりつけるような使い方はしないようにしましょう。

メイクの手順

効果的なシミ隠しのメイクにはいくつかの手順がありますが、まず始めに「コンシーラー」でシミをカバーしていきましょう。シミのある部分にコンシーラーをつけたら、指で軽く叩く感じで伸ばしていきます。次に、ファンデーションをシミのない部分に塗り、その後に「フェイスパウダー」をシミのある部分からつけていきます。そうすると、コンシーラーとファンデーションが上手く馴染んでムラがなくなります。さらに、メイクが終了したら、鏡を見て「チェック」を行います。この際、上下左右や斜めといったあらゆる角度からチェックを行ったり、頬を膨らませるなどのさまざまな表情をしてチェックを行うと、完璧にシミ隠しができているかどうかを確認できます。